今さらですが名刺とは?

名刺は、自分をアピールするために欠かせないアイテムです。中には、名刺を見て相手の人柄を判断する方もいますし、第一印象の良し悪しに関わってきます。
さらに、名刺は自分の分身ともいわれているので、適当な名刺を持っていると仕事もそれなりのものだと、判断されることもあるかもしれません。

名刺の目的

c_fn000970_6_01

あなたは、何のために名刺を配っているでしょうか。
名刺は自分を紹介するためのものですが、それ以外にも様々な目的を果たしているのです。
例えば、ビジネスの場合だと、取引先の方とのコミュニケーションを円滑にするため、仕事を得るため、自分を相手に覚えてもらい今後の人脈作りに広げるなど、名刺を配ることで多くの目的を果たしているのです。

名刺の起源について

名刺の発祥は、紀元前2世紀の中国といわれています。現在の名刺の原形となる「刺」と呼ばれるものを、漢の国の高祖がメッセージに残したことがきっかけで、知れ渡っていきました。
その後、ヨーロッパやアメリカでも名刺の文化が広がっていき、日本では19世紀の江戸時代から使用されていたそうです。当時は、和紙に名前を手書きしたもので、相手が不在の際に残していましたが、明治以降名刺が盛んに使用されて社交界では欠かせないアイテムになりました。
日本は、世界的に名刺の起源が浅いほうではありますが、文化としての浸透度はとても高いでしょう。

名刺交換のマナーについて

名刺を交換する時は相手に向けて差し出しますが、その際は文字に指がかからないようにしましょう。渡す際は、社名や部署名、氏名を名乗り、相手に笑顔で自己紹介をしながら渡します。
また、名刺を受け取る際は両手で行い、お礼を述べながら謙虚な姿勢で受け取ってください。
受け取った名刺をすぐに名刺入れへしまう方がいますが、相手に対しても失礼になりますので、しばらくは手元に置くか、名刺入れの上に乗せておくと良いでしょう。相手が複数いる場合は、座っている順に名刺をテーブルの上に並べておくと、相手の顔と名前が一致しやすくスムーズに話すことができます。

埼玉県所沢市の印刷物デザイン・制作事務所オフィスわかばやしでは、好印象を与える名刺デザインから印刷までご要望に応じて作成いたします。
名刺以外にも、カタログやパンフレット、チラシなど多くの広告物を制作しておりますので、ご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。