フォトアルバムで素敵な思い出を残す

撮影した写真をデータ保存するときの注意点

あなたは、デジカメやスマートフォンで撮影した写真をどのような形で残していますか。

デジカメやスマートフォンでの撮影は何百枚といった枚数の撮影が可能なので、沢山の写真を残すことができます。そのため、撮影した写真を記録メディアやパソコンに保管している方が多いようです。

データとして写真を残すなら、しっかりバックアップをしなければなりません。外付けハードディスクやDVDやBDなどの記録メディアなどの外部のメディアにコピーしておくことで、万が一パソコンが故障してしまってデータが紛失しても安心です。

写真を現像するメリット

フォトブックデザイン制作・印刷 写真の残し方は記録メディアに保管するだけではなく、現像して残す方法もあります。

ここ近年では、たくさんある写真のデータはメディアに残す方が増えているようで、撮影した写真をプリントアウトして残す方法が少なくなっています。
ひと昔前までは、現像するまで撮影した写真を見ることが出来なかったので、必然的に撮影したものは写真という形で残りましたが、今となっては、プリントアウトをせずたくさんある写真をデータとして保存し、後でパソコンの画面で見るといったケースが増えています。データとして写真を残しておけばいつでも綺麗な状態の写真が楽しめますし、必要であれば修正や補正も可能で、より綺麗な状態で残すことができます。

しかし、データとして残しておくだけでは、いつまでたっても見返さない傾向があります。ですが、プリントアウトしてアルバムに整理しておくと、いつでもパラパラとアルバムをめくって楽しむことができます。
撮影した写真はすべて現像すると大変なので、好きな写真だけを集めて、切り取りなどをしてデザインをレイアウトすると、すてきな思い出の品になります。
また、イベント毎にフォトアルバムにすると思い出が蘇りやすいかもしれません。

オリジナルフォトブックのデザイン制作・印刷もお任せください!

経験豊富なDTPの知識を用い、オリジナルのフォトアルバムを制作いたします。
お客様の要望には柔軟に対応させていただいております。世界で1冊だけの素敵なフォトアルバムを手に入れることができます。