好印象を与える名刺デザインとは

名刺デザイン・印刷

引用元:Photo AC

ビジネスの場面で大切なアイテムといったら、やはり名刺ではないでしょうか。日本では名刺交換のマナーが重要視されていますが、そこから見ても名刺は大切なものだとわかります。

名刺は自分の名前や会社、連絡先などの情報を伝えるもので、いわば自分自信の顔といっても過言ではないでしょう。

おしゃれでかっこいい名刺デザインならインパクトはありますが、会社の印象にもつながりますので注意が必要です。名刺を作成するなら、レイアウトなど名刺デザインをよく考えなければならないでしょう。

名刺のサイズは黄金比

良い印象を与える名刺デザインを考えるなら、まず外せないのは名刺のサイズです。

一般的にビジネスで使われる名刺のサイズは、縦55mm横91mmのタイプとなっています。実はこのサイズは、ピラミッドやパルテノン神殿などの歴史的な建造物で知られている黄金比とほぼ一緒なのです。

黄金比のバランスは、他の比率と比べても最も美しい比率と言われており、この黄金比がビジネス名刺の規格サイズにも当てはまるのです。
この規格サイズは相手にとって収めやすい大きさということもあり、ビジネスで用いる名刺としてはベストなサイズでしょう。

文字の大きさ

手に収まる程度の大きさに名前や連絡先を記載するので、文字の大きさにも気をつけたいものです。
文字が小さすぎると見えづらくなりますが、全て大きな文字にしてしまうと名刺としてかっこいいものではなくなってしまいます。
大体は、名前で18ポイント、社名で13ポイント、住所と連絡先が7ポイントぐらいなら、バランスが取れた名刺デザインになります。

名刺に載せる情報

名刺に載せる内容にも工夫したいものです。

名前や連絡先、会社名といった基本的な内容だけじゃなく、メールアドレスやフェイスブックのIDなども記載しておくと、電話では連絡がつきにくい場合に助かります。

また、会社のホームページを載せるのもいいでしょう。しかし、コンパクトなサイズにいろんな情報を入れ過ぎてしまうと読みづらくなってしまうので、あまりにも多くの情報を載せないように気をつけなければいけません。

名刺のデザイン・印刷についてお気軽にお問い合せください。

ネット印刷通販に最適なデータで名刺を作成いたします。格安だけど高品質で、しかも短期間での仕上がりが可能です。これから名刺作成を予定されている方は、お気軽にご利用ください。